コンサルタント 転職

転職コンサルタントになるには

転職によってコンサルタント業務を行いたい人は何をすべきでしょう。コンサルタントになる方法として最も一般的な方法は転職してコンサルタントになるというものです。中途採用者を対象とした求人を出すことが、コンサルタント業界では多いようです。他の業界のように、新卒者の採用ばかりをすることはありません。コンサルタントとして転職することが多いのは、上流工程のシステムエンジニアです。多くの場合、まずSE時代を5〜7年ほど経てから、コンサルタント会社へと転職します。SEとして働いていた時に、業務の全体像や管理のパターンを知ることによって、業務あるいはITコンサルタントとして働けます。コンサルタントとして転職を果たしたいという人は、現場で毎日同じ仕事をしていたのではなく、全体を見ることができるポジションでシステム作りを行っていたという実績があると評価につながります。事業会社の企画部門や公官庁から外資系の戦略コンサルタントに転職した人もいます。企画力があることや、職務遂行の実績があって、コンサルタント会社に採用されたという形です。組織構築に関するコンサルタント業務を扱う会社なら、人事部出身者を採用する傾向があります。コンサルタントの仕事について活躍をしているのは、様々な業務での第一人者です。コンサルタントとして働くには、かつての職場での実績がものを言います。

コンサルタントへの転職のコツ

これまでの仕事の実績から、コンサルタントに転職はできないかと考える人は少なくないようです。コンサルタントへの転職を成功させるためにはどうしたら良いのでしょうか。年間の決まった時に求人が出るということはないですが、おおまかにいつ頃がねらい目というものがあります。どうしてその時期に中途採用の求人を出したかが、会社の状況に関係することがあります。こんなことをする戦力が欲しいということで、求人を出すこともあります。企業としては、特定の職務が推敲できる能力を持っている人が欲しいと思って求人を出すのであれば、その内容に即して雇用する人を決定するというわけです。相手企業がどんな人材を必要としているかを知ることが、コンサルタントに転職する鍵を握ります。自分の実力さえあれば採用されると思いがちですが、中途採用の場合には採用企業側が欲しいと思ったタイミングで欲しいと思う経験を持った人を採用するものなのです。求人企業に対してアピールできる自分の要素にどんなものがあるかが、コンサルタントになるためには大切です。自分が提供できることと、求人で求めている能力とが合っているところを逃す手はありません。求人広告だけでは、企業がどんな事情で人材を求めているかわからないこともあります。転職あっせんをしている会社で、コンサルタント会社の事情に詳しいところなどを探してみるといいでしょう。

コンサルタントへの転職の採用面接

コンサルタントに転職する場合は、採用面接を受ける必要があります。コンサルタント会社の採用面接はかなり厳しい質問が続くものだといいます。コンサルタントの面接では、前職までの経験や実績が質問されるだけでなく、なぜという点も聞かれます。どんな思考を経てそういう行動をしたのか、別な方法考えなかったのか、何が決め手になったのかなどです。いい加減な答え方をしていると、とたんに鋭く突っ込まれます。何を聞かれても堂々と答えられるようにしておくことで、コンサルタントの面接も評価が高くなります。大抵のは場合、今までの仕事つにいて聞かれることが多いので、自分のしたことを分析しておくといいでしょう。コンサルティング業界は人気のある業界ですが、年収や人気に憧れて応募するのはあまりおすすめできません。キャリアパスが、コンサルタントへの転職を果たすことで終了するといったものではありません。実際のコンサルタントの仕事は、それほど華やかなものではありません。地道な仕事をしなければならないことは覚悟ししましょう。コンサルタントであり続けるためには、転職を果たしてからも努力を継続することが大事です。転職を成功させるために、コンサルタント会社の採用面接では、コンサルタントとして働くことへの心構えをはっきりとアピールすることです。